細胞間脂質

乾燥肌の人は、お肌に優しい洗顔料を選択して丁寧に泡立てて、肌を強くこすらないようにして頂戴。
力を込めて洗うと肌に良くないので、ポイントとしては優しく洗うことです。
また、洗顔した後は必ず保湿しましょう。
化粧水しか使わないのではなく、乳液。
美容液クリームも状況に合わせて使用して頂戴。
洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上でなくてはならないことです。
これを怠ることで肌の乾燥をすすめてしまいます。
そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力や保水力のあるものを使って頂戴。
これに限らず保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、お湯を高い温度にしないというのもドライスキンに効果的なんです。
もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを取って頂戴。
セラミドとは角質層において細胞の間で水分や油分といっしょにある「細胞間脂質」のことです。
角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。
皮膚の表面の健康を保持する防護壁のようなはたらきもあるため、必要量を下回ると肌荒れしてしまうのです。
コラーゲンの一番有名な効果は美肌効果であります。